ライフスタイル 未分類

全捨離で執着心から解放 服の次は家の物を捨てて過ごしやすい快適な自宅に

全捨離で執着心から解放 服の次は家の物を捨てて快適な自宅に

 

前回服を手放したことをブログに書いたのですが、

服を処分した次は家の物を手放したのでそのことを書きたいと思います。

 

全捨離を提唱している櫻庭さんの「物を捨てたら人生が変わる」「金運をあげたいならトイレを綺麗にする」「いかに床面積を広げるかに命をかける」という言葉をもとに全捨離を始めていきました。

まずは燃えるゴミ袋と燃えないゴミ袋を多めに購入。

櫻庭さんのYouTubeを見てから価値観がガラッと変わった為、以前より迷いなく物を処分していきました。物を大切にしようというタイプだったのでこんなに人は変わるものなのかと自分ながらに驚きました。

そして今まではあり得なかったのですが、家具といった大きな物も手放していこうという気になりました。

食器棚やチェスト、ステンレスラック、ソファーやベッドなど手放していきました。櫻庭さんはベッドより布団の方が良い、ソファーもいらないと言われていたのですが、どうしても自分の生活スタイルで必要なので素材や通気性、掃除のしやすさを考慮してソファーとベッドは新調しました。いつか使うだろうと奥にしまっていた物達はほとんど手放しました。ぬいぐるみはお気に入りの以外は手放すことにしました。捨てるのがどうしても心が痛かったので、たまたまネットで見つけた寄付を受け付けているところに送らせてもらいました。本も半分くらい減らすことに成功しました。本は古本屋で買い取ってもらい、使わなくなった家具達は古いものは処分し、まだ新しくて使えるものはジモティーやリサイクルショップに引き取ってもらいました。

Sponsored Link


玄関、靴箱、トイレ、浴室、クローゼット、床、壁、天井とここまでピカピカにしたのは恥ずかしながら初めてでした。玄関の靴箱や靴はピカピカにするのに一番時間がかかりましたがやりがいがありました。

櫻庭さんの「8割捨てる」まではいきませんでしたが6割は達成できたと思います。床面積も以前より広げることができ、前より広くなった感じがして心地良いです。

お気に入りの部屋になり、以前より家にいるのが楽しくなりました。空気も良くなった感じがします。隅から隅まで片付けをしてみて、見えないところに埃って結構あるんだということに気づかされました。

床壁天井を拭き掃除するのにクイックルワイパーを新しいのを購入したのですが、最近のクイックルワイパーは裏面が円状になっていて汚れを全面でしっかり受け止めて取ってくれるのでとても使いやすかったです。しかも黒色が発売されていて見た目もかっこいいです。新しいクイックルワイパーおすすめです。

コロナの影響で家にいることも多くなり、片付けや物を捨てるのはおすすめです。私も今年始めたのですが本当にやってよかったです。

服や物に執着していた気持ちが一気に解放されました。物を手放すというのは素晴らしい効果があるんだと知りました。私の場合は服や物の執着でしたが、それ以外の悩みがある場合にも物を手放すことで執着がなくなり気持ちがリセットされて違う角度から物事を考えられたり前向きになれたりいいことがたくさんあるのではないかと思います。

 

 

Sponsored Link



-ライフスタイル, 未分類

Copyright© くまchance , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.