ライフスタイル

洋服を買いすぎてしまう私が全捨離で価値観がガラっと変わった理由

 

洋服を買いすぎてしまう私が全捨離で価値観がガラリと変わった理由

 

断捨離という言葉は良く聞いたことがありますが自分の家は断捨離ができているって思っていました。特に私は服が好きでたくさん買ってしまう傾向がありました。

しかし、櫻庭露樹さんのYouTubeの全捨離についての話をたまたま見て価値観がガラッと変わりました。

櫻庭さんは全捨離の本も出しており、日本中を講演されています。話がとにかく面白くて夢中で見てしまいました。

断捨離はよく聞くけど全捨離ってなんだろう?と思ったのですが、櫻庭さんが言うには家の中のものを8割捨てなさいという衝撃的な言葉に驚きました。

最初は8割!?それはは無理かもと思ったのですが、話を聞いているうちに、自分がいかに物に溢れた生活をしていたか、物に執着していたかが理解できました。

私の場合、服が好きなのでこの服にはもっと合うコーディネートがあるんじゃないかと追求しすぎて新しい服をたくさん買い集めていました。そしてその日着る服は異常なくらい迷っていました。服がたくさんあるから思い通りのコーディネートができるはずなのにと思っていたのですが毎回何を着て良いか迷って時間がかかるのです。それはそれは悪循環でした。物が溢れていると選択肢が多すぎて迷ってしまうんだなと痛感しました。大切な人生の時間を物に振り回されていたことに気づくことができました。

Sponsored Link


お洒落は好きでしたし、趣味でもありましたが、悩みでもありました。こんなに服が欲しいのは病気なんかじゃないかとか、なんでこんなに服が決められないんだろうと疲れていました。

櫻庭さんは1年着ていない服は捨てなさいと言っています。そうかと思って思い切って8割とまではいかないけれど半分以上の服を売ったり処分したりして手放しました。必要最低限の服のみにしました。そうするとお洒落はしやすいし迷いがなくなり快適な生活ができるようになりました。パターンは似ているファッションになりますが、なんだか満足できるし、自分に似合う服を前より着れているなと実感しています。

「フランス人は10着しか服を持たない」という有名な本がありますが、違う観点ですが物を持たないと言う意味で同じ価値観で書かれています。私の場合は櫻庭さんの話がしっくりきましたが、こちらの本もおすすめです。

物を持たないことで頭の中がすっきりした感じがします。また、物を最低限にすることで本当に必要な物を見極められるようになれます。良いことばかりです。

今まで服を収納するための収納ボックスを買っていたのですが、服を処分してから収納ボックスも入らなくなりクローゼットに空間を作ることができました。今までのびっしりな服が嘘のようです。その後も家の中にあるいろんな物を処分したのですが、櫻庭さんを知って良かったと思ったと同時に、人の出会いや言葉って価値観をこんなにガラッと変えてくれるんだなと感じました。本当に感謝です。

櫻庭さんが言っていた言葉の中で、収納を勉強する必要はない、収納は隠しているだけとバッサリ言ってたのは笑ってしまいました。収納はもちろん大切ですが、何年も使っていない服や物がたくさんありスイッチが入ってからは今まで優柔不断だったのに、いるいらないかがすぐに判別できました。物を収納するのにダイソーで収納ケースなどたくさん買っていました。物が物を増やしているというのは本当ですね。

何をたくさん持っていて何を着て良いか迷っている方や、服をたくさん買ってしまうのが悩みという方は櫻庭さんのYouTubeがおすすめします。

 

Sponsored Link



-ライフスタイル

Copyright© くまchance , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.