ライフスタイル

なぜ日本人はコロナ感染者が少ないのかというずっと前からの疑問

 

なぜ日本人はコロナ感染者が少ないのかというずっと前からの疑問

 

メンタリストのDaigoさんのYouTubeを見ていたらずっと気になっていた情報がありました。

なぜ日本人はコロナ感染者が少ないのか。ということについて語られていました。

それは医療の充実などいろんな説があるようですが「発酵食品」が理由の一つなのではないかというものでした。

詳しくはDaigoさんのYouTubeをぜひ見ていただきたいですが、ヨーロッパの研究をもとに見解を述べており、確かに納得する内容でした。日本人の通常通りの食事とも言えるので大きく食生活を変えるというものでもないかもしれませんが、栄養が偏り気味かな、全く発酵食品を食べていないなという方は取るようにしたいですね。

発酵食品は賞味期限が長いものが多いです。それは善玉菌が含まれているので生きた食べ物だからです。善玉菌が腸内環境を整えてくれるので健康的でいられます。賞味期限が長いという時点で発酵食品のすごさを物語っています。

Sponsored Link

発酵食品といえばどこの家庭でもあるのが「味噌」ですね。後はキムチや麹、ヨーグルト、納豆、漬物などあります。

冷蔵庫に発酵食品をいくつか常備しておくと飽きずに発酵食品を毎日の食事に取り入れることができます。塩分が高いものもあるので野菜と一緒に食べたいですね。

 

なぜ「麹」が健康に効果あるのか。麹の簡単おすすめレシピ3つ紹介

 

塩麹もおすすめです。特に塩麹の浅漬けは簡単でおすすめです。好きな野菜と塩麹を混ぜるだけ。ご飯がたくさん食べたくなります。

常にいろんな種類は用意できないという場合はやはり「味噌」がおすすめです。味噌汁はもちろん、有名な話だとは思いますが煮物、鍋、炒め物など隠し味に少し入れるだけでコクが増すので、いろんな料理に少量入れると美味しくなるのでおすすめです。

この間スーパーに行くと納豆が少なくなっていて、すでに発酵食品が良いということを皆さんご存知だったのかもしれません。もしそうだったらみんなが健康を意識しているし私たち日本人の意識って素晴らしいなと思いました。

遺伝や生活環境など人それぞれなのでこれが絶対というものはありませんが、発酵食品に限らず健康的な食事を取ることは今後さらに大切になるなあとつくづく感じました。前回はビタミンDについてまとめましたが良いと思ったものをバランスよく食べたいですね。

 

コロナにビタミンDは効果があるの?どんな食材を食べると効果的なのか

 

コロナで感染拡大が心配ではありますが、コロナに負けないようにみんなでどんどん免疫力を上げていきたいです。

ストレス解消に刺激的な食べ物を無性に食べたくなったりすることもありますが、たまには良いとしてもできるだけ心や体が安心するというか気持ちが暖かくなるような本質的に良い食べ物を見極めていけるようになりたいと思います。

そして一人でも多くの人が免疫力をつけてコロナに負けない体になっていけたら良いなと思います。

 

Sponsored Link



-ライフスタイル

Copyright© くまchance , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.