ライフスタイル

水なしタイプのおすすめアロマディフューザーを使ってみた感想

 

アロマディフューザーが欲しくて色々調べたところ、商品がたくさんあり迷ってしまいますね。

迷った結果、水を使わないタイプのアロマディフューザーを購入しました。ここでは使った感想やメリットデメリットなどまとめたいと思います。

これから購入される方の何か参考になれれば幸いです。

 

アロマディフューザーの種類

 

大きく分けて水を使うタイプと使わないタイプがありました。

水を使うタイプは加湿器としても使用できるので一石二鳥だと思います。ただ、デメリットとしてはこまめに水を変えないとカビが生えやすいという点です。

水を使わないタイプは加湿効果はなく、アロマの香りを出す役目のみになります。こちらのメリットは水を使わないのでカビの心配はないという点と、商品によりますが、香りが強めに感じます。デメリットとしては、アロマオイルの減りが早いという点です。

アロマディフューザーのいろんな商品を見てみますと、水を使うタイプの方が圧倒的に種類が多いですね。水を使うタイプの商品で個人的に一番気になっていた商品は「無印良品」のアロマディフューザーでした。

無印良品で買い物をするとアロマディフューザーの販売コーナーにはいつもリラックスできる良い香りがしていてずっと欲しいと思っていました。水蒸気もとても魅力的で肌にも良さそうですよね。

とても迷ったのですが、今回は水を使わないこちらの商品を購入することにしました。

 

 

すでに自宅に加湿器があるというのもあり、また、水を毎日変えるのは少し大変でカビの心配もあったので水なしタイプの商品にしました。

 

水を使わないアロマディフューザーを使ってみての感想

 

水なしタイプのアロマディフューザーを使用してみての感想ですが、とても使いやすかったです。どのくらいの間隔で何秒噴霧するか選ぶことができました。

また、USB電源なので使いやすいです。アロマオイルの消費は使い方によりますが、私は1瓶を3週間で使い切る感じです。お気に入りの無印のアロマオイルなど使っています。

香りも部屋中に香りますし購入して良かったです。木目調の商品にしたのですが、温かみがありお洒落でインテリアとしても良いですよ。

噴霧するときに音がジリジリとなるので、寝ながら使用する場合は気になるかもしれません。日常で使用する場合は個人的には全く気にならない程度の音量でした。

また、香りを変える場合はボトルやキャップの部分を追加購入することができるので、香りごとに揃えると良いと思います。ただ、私は香りの系統がほぼ同じなので1つのボトルとキャップで色んな香りを楽しんでいます。それでも特に問題はありませんでした。

お手入れがあまり必要ないので楽という点が個人的にはメリットが大きかったです。

おすすめの商品です。

Sponsored Link



-ライフスタイル

Copyright© くまchance , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.