ライフスタイル

コロナはいつまで続くのか。今はネットの時代なのが救い。前向きに過ごそう

 

コロナが広まってから毎日が大変な状況におかれ、みんながなんとか一生懸命毎日を乗り切っている状況です。

政府の政策としては国民一律10万円が確定し、5月から給付されることになりました。また、緊急事態宣言の期間が5月6日まででしたが、さらに1ヶ月ほど延長する見通しで進めているようです。

確かに今の状況では感染拡大が収まる可能性は厳しい状況で、自粛を解除した途端に感染が拡大しては今までの自粛の意味がなくなってしまい、自粛続けざるを得ない状況なのは理解できます。

期限の延長は5月5日までに答えを出すとのことでしたが、早く答えを出してほしいという声も多くあります。

 

もし、1ヶ月延長した場合はさらに経済が厳しくなりますのでさらなる対策が必要になります。ここまで厳しい状況になると政府も大変だなと思ってしまいます。学校も9月入学に検討しているということで、いろんな問題がありすぎですね。それでも国民がみな影響を受けている状況の中、国民の幸せを第一に、なんとか乗り越えられる対策をお願いしたいです。

学校の9月スタートというのは果たしてどうなるのでしょうか。個人的には賛成ですが、実際に担当されている学校関係者の方がどれだけの負担があり、この4ヶ月間で準備ができるのかというのが問題だと思いますのでその点が解決されているのであればいいなと思います。

 

現状は先の見えない状況で不安ですが、医療従事者の方は第一線で命がけで頑張っていると思うと感謝しかないですし、それを思うと乗り越えるぞという強い気持ちになれます。

Sponsored Link

また、できるだけ楽しいことを見つけて過ごすことも大切ですね。最近思うのはコロナウィルスが及ぼした影響を許すことはできないのですが、世界的にスマートフォンやタブレットなどのインターネット環境の普及が広がっている時代だったというのが幸いだったと思います。なんでもすぐに調べることができます。お店の営業時間短縮もすぐにわかります。本当にありがたいです。インターネットが広まる前にコロナが発生したと思ったらちょっと怖いです。

 

一人一人がインターネットで情報収集してコロナ対策の準備をしたり、自治体の政策を確認したり、オンラインで友人とコミュニケーションをとったり、自宅でゲームをしたり動画をみたり。自粛は辛いですが自宅でできる範囲も以前より広がっています。在宅ワークをされている方もいらっしゃいます。なんとか前向きに捉えてできる範囲で活動し、免疫力も上げて明るい未来を目指して過ごしていきましょう。

 

コロナはいつまで続くのか。

 

長期戦になるという専門家の意見が多いです。コロナがいつなくなるのか、イライラという目線で過ごしてきましたが、コロナが消滅するというのはしばらくかかるのもなんとなく受け入れるしかないのかなと思うようになりました。専門分野の方がワクチンの研究などしていて時間はかかるかもしれませんがコロナが弱いウィルスと思える時代がくるまで頑張って乗り越えていきたいですね。

Sponsored Link



-ライフスタイル

Copyright© くまchance , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.