ライフスタイル

残り少ない不織布マスクの洗い方 石鹸で洗ってみたら何日か再利用可能で安心した

 

不織布マスクを洗ってみた

 

コロナウィルスの感染が広がっている中、マスクが不足している状況が続いています。

そんな中、マスクを洗って再利用している方が多くいらっしゃいますね。私も不織布の使い捨てマスク洗ってみたのですが、綺麗に元どおりになったので洗って使い続けています。

洗うごとに繊維も粗くなるのでウィルスを防ぐ効果も多少減少するといわれていますが、手に入らない間はそうも言っていられませんので毎日洗って使用しています。マスクの大切さを改めて感じます。

不織布マスクを洗って再利用してみると意外と新品同様に快適に使用できています。残りのマスクでなんとかやりくりできそうです。

どんな洗剤で洗うのが良いかということについては、泡立ててしっかり汚れを流せば洗剤は好みのもので良いのではないかと思います。

当初、キッチンハイターをしみこませて洗ったのですが、染み込ませる時間が短かったこともあるのですが雑菌が落ちきらずに臭いが落としきれなかったので、洗浄力について酸素系漂白剤は個人的にはあまりお勧めではないです。ただし、洗浄後に除菌や漂白したい時は有効です。

 

Sponsored Link

 

私が使ってみて効果があったのは石鹸と食器用洗剤でした。女性の方はお化粧されるので石鹸だと落ちにくいので食器用洗剤が綺麗に落ちるので良いですね。マスクをするようになってから化粧をする機会が減ったので石鹸で洗うようになったのですが、汚れが落ちているのか臭いも残らず綺麗なマスクに復活しています。石鹸も洗浄力があると感じました。ハンドソープより汚れが落ちている感じがします。食器用洗剤と石鹸も泡だてて洗うだけで良いで短時間で済むというのが良かったです。泡立てる時は先に泡立ててからマスクにつけたほうがよかったです。マスクに直接石鹸でゴシゴシ洗っていたら、マスクの表面がだんだんボサボサに毛羽立ってしまったのでできるだけ優しく洗った方が良いです。

石鹸は肌にも優しいのでおすすめです。洗浄後は可能であればアルコール消毒すると除菌もできるのでさらに衛生的ですね。

 

今後の日本製マスクの拡大に期待

 

日本製SHARPのマスクが注目されています。コロナが感染拡大し始めた頃にマスク工場を新設し急ピッチで進めてきました。力強いですね。感謝です。そして3万箱が抽選で購入できるようになり、まずは4月27日に第一回目の応募が行われました。今後も抽選販売を行うようです。フル稼働で作っていて本当に大変だと思いますが日本製のマスクは信頼性があるので今後需要の拡大に期待しています。

これまでマスクの8割は輸入品に頼っていたため、まだまだ時間はかかりますが徐々に国内で対応できるようになるとありがたいです。

Sponsored Link



-ライフスタイル

Copyright© くまchance , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.