ニュース

コロナ対策1世帯30万給付。アパホテルが感染者を受け入れ支援も

 

4月2日だけで317人の感染者が増えました。東京では89人と過去最多となります。

日本国内の感染者が3058人になり(クルーズ船を除く)、3000人を超えてしまいました。

 

すでに医療機器や医療従事者が足りなくなってきています。重症患者に対しては通常の倍の看護師が必要で集中治療室では4倍の看護師が必要となります。

コロナ感染者でない患者さんも配慮するべきであり、今後の医療崩壊の恐れを懸念しています。

都心では百貨店やパチンコ店、カフェなど週末休業を行う店が多くあります。

経済的支援がより必要になってきています。

Sponsored Link

 

政府は対策として一定の水準を下回った場合1世帯30万支給することを決めました。本当に困っている人にとってありがたい政策ですね。すぐに政策が実行されてほしいです。

対象になる方は、住民税の非課税世帯や一定の所得制限を定めた上で月収が5割程度下がった世帯などで検討されています。これはかなり限られた人という感じもします。

また、水準を満たしていないのに支給を受け取ると罰則があるようです。ではどのように条件を満たしているかを確認するのか。書類などの手続きなど時間がかかってしまうのであれば困っている人への迅速な対応でできませんし、役所に人が集まりすぎて感染を広げる原因にもなりますし、スムーズな確認方法が求められます。

AIなど人工知能を利用した書類確認か人工知能を使わないのであれば、外注するなどの対策が必要と思われます。

新型コロナウィルスに感染した方によるとインフルエンザより症状は辛いそうです。

感染してしまうと自分が辛いだけでなく身近な人に移してしまう可能性もあり、不要不急の外出を控えることが大切です。

現在右肩上がりで感染者数が増加しており、感染者のグラフが下がって落ち着くまでは自粛は続きそうですね。

それまでに経済が持つのか、もうギリギリの人も多いです。早急の対策が必要です。

 

世界の感染者数は100万人を超えてしまいました。わずか10日で5倍になっているとは思いもしませんでした。凄まじい感染力です。

海外では感染者が異常に増えており病床が足りなくなって大変な状況になっています。

日本も今後どうなってしまうんだろうと思っていたところ、「アパホテル」が新型コロナに感染した軽症患者や医療従事者を全面的に受け入れる意向を政府に伝え、支援していく方向で進んでいます。アパホテル社長、すばらしいですね。今本当に困っている状況で迅速な対応をしていただけるとは。国民の不安が少しでも解消されるといいですね。

マスク2枚で脱力感があったのですが、アパホテルは良いニュースでした。

政府の30万給付も、確認方法が気になりますが、生活に困っている人を配慮してもらえるのであればよかったです。ただ、30万でも足りない人はいますし、仕事を休みたくても休めない人や色んな状況の人がいるのに対して何も検討されないのであれば偏ったり見落としのある対策になる可能性もあります。一律の方が良いのではという国民の声も多くあります。

アメリカでは医療従事者が不足しており、たくさんのボランティアの方も対応している状況です。日本ももし医療崩壊になるまで増えてしまったとしたら助け合う必要が出てくると思います。

マスクを手作りして寄付した素晴らしい学生さんもいましたね。

今できることは外出自粛ですが、自分にできることも考えていきたいです。

 

 

Sponsored Link



-ニュース

Copyright© くまchance , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.