美容・健康

しっとり落ち着いた髪を保つのに必要なこと

 

しっとりした髪を維持するには髪の保湿が大切

 

髪が傷んで気になるという方は髪が乾燥しているのも原因の1つです。

髪の保湿を保つには、入浴から入浴後の髪の乾かし方まで重要になります。髪の必要な水分まで蒸発しないような髪の乾かし方をまとめたいと思います。

 

ドライヤー前に保湿する

 

シャンプー後にトリートメントやコンディショナーで仕上げますが、それでも髪のパサつきが気になるという方はヘアオイルがおすすめです。

シャンプー後にヘアオイルを髪になじませて軽くすすぎます。しっとりした髪になり乾燥を防ぐことができます。

ドライヤーで乾かす時も、保湿対策をした状態でないと、髪がパサパサに傷んでしまいます。いろんなやり方があると思いますが乾かす前のケアで髪の傷みを軽減することができます。

ヘアオイルは市販のもので十分です。私は椿オイルや柚子オイルなど使用しています。

 

ドライヤーの冷風も使う

 

ドライヤーでしっかり乾かさないと逆に乾燥して髪が傷むと聞いたことがありますが、ドライヤーの熱を髪に当てすぎるのも髪に負担をかけてしまいます。

ドライヤーの温風と冷風を交互に使うと髪に負担なく乾かすことができます。冷風に切り替えた時に弱めの風しかでてこないドライヤーもあるので、ドライヤーの購入を検討している方は、温風だけでなく適度な強さの冷風が出るドライヤーを選んだ方が良いです。



 

枝毛を切る

 

既に傷んでしまった髪はカットするのも一つの方法です。髪を伸ばしている方も、美容院にしばらく行かない間に毛先が傷んでくることがあります。枝毛など定期的に自分でカットすることで髪を元気に保つことができます。

 

タングルティーザーはおすすめ

 

「タングルティーザー」はイギリスのヘアブラシで、このブラシで髪をとかすだけでサラサラの髪になります。すごく不思議なのですが、このブラシを使うだけで髪がサラサラになるのは本当でした。私はブリーチをした結構傷んだ髪の方なのですが、このブラシのおかげでサラサラを維持できています。入浴中にヘアオイルでケアして、ドライヤーで乾かし、タングルティーザーで髪をとかすとつやのある満足な仕上がりになります。

このブラシは2000円ほどしますので、ヘアブラシとしては高価なのですがそれ以上に納得できます。個人的には手放せないものになりました。できれば自宅用と携帯用にもう一つ欲しいなと思います。

また、2000円は高いという方は、100円ショップに同じ形状のブラシが販売されていますのでおすすめです。私は入浴後の濡れた髪には100円ショップのブラシを使用しています。こちらも問題なく使えています。

タングルティーザーと100円ショップのヘアブラシの違いは人によるかもしれませんが、個人的には乾いた髪の状態で溶かすと違いが感じられました。タングルティーザーの方が静電気がおきないので落ち着いたまとまりある髪になりました。

キャンドゥの話題のヘアブラシで髪がサラサラに。使ってみた効果・感想まとめ

 

 

まとめ

 

カラーリングやブリーチをしている方は特に保湿が必要です。髪染めしても保湿をすることで綺麗な髪を維持することができます。何をしても髪が落ち着かないという方はヘアオイルを使用してみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Link



-美容・健康

Copyright© くまchance , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.