自己啓発

人間関係の悩みを改善し不安定な心から抜け出せる「ある言葉」とは

 

人間関係の悩みは多いけれどこの言葉で改善するのではないか

 

生きていく上で人間関係で悩むことはよくあることだと思います。共通して何かいい方法はないかと思っていました。

私は「斉藤一人さん」の講演YouTubeをよく聴いているのですが、どれも成長につながる内容ばかりで素晴らしいと思っています。

その中で人間関係の悩みでとピンときたものがありました。

 

威張ってはいけない、舐められちゃいけない。

 

この言葉に、とても感銘を受けました。

立場が上の人は下の人に威張ってはいけないし、部下や友達同士でも、人に注意や叱られるのはまだ良いとしても、舐められてはいけないな。

家族も同じですね。距離が近いほど素の自分が出ると思うので思いやりは大切です。

 

控えめなタイプだと、言われっぱなしで傷付いたりしてしまうのですが、責められてしまいそうな自信のない表情をしていたり、暗いオーラを出していたり。確かに強気な人にとっては責めたくなるのかもしれません。

私はどちらかというと舐められるタイプの方だったので、傷ついてしまうことが多かったです。確かに言いやすかったり言いたくなるようなオーラをしていたのかもしれません。

ただ、すぐに堂々といられるような性格に変わるなんて無理ですが、そこで斎藤一人さんは「最初は緊張していてもいいからと堂々としているフリをすればいい」と言っています。そして、「威張ってはいけない、舐められちゃいけない」を心の中で何度も繰り返し言ってみることでその時その時の行動をどうしていけばいいかだんだんわかってくるとも言っていました。

これまで、自分は威張っている人が100%改善して欲しいものだと思っていたのですが、控えめなタイプ側にもできることはあるんだと学びました。

 

Sponsored Link

 

自分も相手も大切にし、思いやりを持つ

 

自分も相手も大切にし、自分にも相手にも思いやりを持つことで、威張る人も舐められる人もいなくなるはずです。しかし人間関係の悩みが無くならないのは威張る人、舐められる人がいるからです。

威張る人は弱い人をいじめることで優越感を味わい、自分の劣等感を満たすことができます。威張る人は立場でしか自分を満たすことができないので心の中は不安定です。その原因は過去のトラウマや育った環境も関わっていることが多く、威張る人も過去に劣等感を持つような経験をしていたりします。舐められる側の人も過去のトラウマや育った環境で自分を出せない性格になってしまい、どちらも心が不安定の状態にあります。

 

威張ってはいけない、舐められてはいけないという言葉は心の不安定な状態から抜け出し、自分も相手も尊重できるフラットな状態でいられる言葉に感じます。

威張る人、舐められる人から抜け出せれば人間関係は良い方向に行くと思います。

 

この言葉を思い出しながら毎日を過ごすことで、少しずつ行動が変わり今までよりも自分らしくいられることができる気がしています。

 

Sponsored Link



-自己啓発

Copyright© くまchance , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.