エンタメ

2019M-1グランプリ面白すぎ。高得点獲得のミルクボーイ優勝だがぺこぱも気になる

 

2019年Mー1グランプリが決まりました

 

今回のMー1は接戦でしたね。

最後の決勝戦はミルクボーイ、かまいたち、ペコパの3組。

誰が勝っても納得してしまうくらい楽しくて笑い泣きをしてしまいました。

 

優勝はミルクボーイ。予選段階から審査員からも高評価を得ていました。オール巨人師匠が過去最高の97点を入れていたというのもすごいです。今年TVに出たとは思えないような堂々としたベテランのオーラをしていました。普通同じ言葉を何度も言うと飽きてくると思うのに、面白かったです。ミルクボーイは吉本工業で2007年に結成され、ボケ担当が「駒場 孝さん」(33歳)、ツッコミが「内海 崇さん」(34歳)のコンビです。

「モナカ」を連呼しているのになんでこんなに面白いんだろうとずっと笑ってしまいました。ネット検索してみたらミルクボーイのネタの通りの「モナカ家系図」を投稿している方がいて面白かったです。確かにあのネタ見たら家系図書きたくなりますね。

 

Sponsored Link

 

私は「ぺこぱ」がとても好きになりました。ヘタの激しい茄子は最高でした。立川志らく師匠が、最初見たとき嫌いなタイプのコンビだと思っていたのが漫才を見ているうちにどんどん好きになった。91点というのは厳しいですが最初82点からの91点なので。とコメントしていました。他の審査員の方もペコパが今まで迷走していたというのも聞いて、これまでいろんな芸風をしてきて今ここにたどり着いたんだなあと知りました。松本人志さんが言っていましたが、ヴィジュアル系の動きをしながら誰も傷つけない「ノリツッコミ」ではなく「ノリ突っ込まない」という新しい芸風はとても良かったです。これからもいろんな番組に出て欲しいと思います。

 

新しいコンビも出場していましたがかまいたちや和牛も期待以上で面白かったです。和牛は敗者復活戦で勝ち上がりましたが惜しくも4位でした。最後ペコパが3位になったので悔しいですが決勝戦に行けなかったですね。和牛は過去何度もMー1で惜しかったので今年は優勝すると良いなと思っていたのでそれはちょっと残念でした。和牛はまた来年も頑張って欲しいです。

かまいたちは今回最後の出場となるので和牛と同じくらい優勝してほしかったコンビですが、決勝の漫才は特に面白かったです。松本さんは最終審査でかまいたちに入れていましたね。

上沼恵美子さんはからし蓮根が大ファンのようです。初々しいと評価していました。からし蓮根はキレのあるツッコミで面白かったです。また漫才を見たいと思いました。また来年も頑張って欲しいです。

今回のMー1は本当に面白かったです。緊張感のあるMー1も好きなのですが、今回は緊張以上に笑わせてくれてとても楽しかったです。

 

 

Sponsored Link



-エンタメ

Copyright© くまchance , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.