自己啓発

心屋さんの人間関係の悩み解決本で気づいたこと。どうしたら人を許せるのか

 

心屋仁之助さんの「人間関係が『しんどい!』と思ったら読む本を読んで気づいたことをまとめたいと思います。

 

心屋さんの本は5年ほど前に何冊か読んでいました。その時の自分の成長度が低かったのか、読んで満足してその瞬間は心が楽になったのですが、また元の自分に戻ってしまい、この本では解決できなかったかもと諦め、また違う本、違う本といろんな本を読んでいました。その繰り返しをしてきたおかげで少しは成長できたのか、改めて心屋さんの本を読んでみたらとても読みやすくて納得できました。心屋さんの本は元々読みやすい内容にもかかわらず当初私が理解と実践をする力が足りなかったようです。しかし、今回も読んで満足して終わったら変わらないと思い、自分なりに気づいたことをまとめたいと思います。

 

 

相性というものがある限り人間関係の悩みはなくならないと思います。しかし、悩みの負担の度合いを減らすことはできます。心屋さんの人間関係がしんどい!というタイトルの通り、しんどいまでになっている場合は精神的にかなり負担になっているので対処する必要がありますが、悪いのは相手だと相手を責めてもあまり効果がないし、いくら人を変えようと思っても人は変わることはなく、自分が変わるしかない。

嫌な人がいたら、距離を置くことで解決することができれば良いのですが、距離を置いているのに嫌な人に言われたことやされたことをずっと自分の心の中で繰り返されて何度も思い出されて辛い気持ちになっているのであれば、気持ちを切り替えるきっかけをたくさん作る必要があります。

 

以前、私は人に何を言われても言い返さない性格で、本当は我慢しているのに、大丈夫だみたいな顔をして感情を抑え込んでいました。私のような性格の人は昔からそう生きてきたと思います。そして我慢するのが当たり前なので自分の本当に思っていることもよくわからなくなり、いつもモヤモヤしています。しかし、私の場合、我慢を積み重ねていくうちに本当に我慢できないくらいの出来事があったときに、「自分の気持ちに素直になろう」とやっと思うことができました。しかし、相手に良いことを言うのは問題ないのですが、もっとこうして欲しいということを素直に伝えるということ自体が結構大変なのです。ホリエモンさんはストレスを与える人を徹底的に避けることと言っています。ホリエモンさんのような意思のはっきりした方であればすぐに実行に移せるのですが、いい人で生きてきた場合、躊躇なくできるまでには時間がかかります。しかし、ストレスは我慢でもあるので、我慢を溜めすぎると怒りや苦しみなどの感情が逃げるところがなくなり、精神的に病んでしまったり、爆発したりしてしまいます。

自分の気持ちを理解すること、考え方を変えることが大切になります。

 

 

 

同じこと出来事が起こっても気にする人と、全然気にしない人がいて、気にして悩んでしまう人は、自分の中に正しいものがあって、正しくないと思うことを相手がすると反応してしまう。それがしんどいにつながる。正しい正しくないは人それぞれで、自分の中ですべきではないと思うことを相手がやると嫌な気持ちになり、確かにそれはその通りだなと思いました。私の中の目標として、何か出来事があった場合、動じなくなりたいのです。冷静に受け止めて感情に振り回されることなく、冷静に対処できるようになりたい。その方法として、自分の嫌なところも受け入れるというのが1つに挙げられています。私の嫌なところって確かに今まで見ないようにしてきたなと自覚がありました。心の中で思っていることは相手に伝わるわけではないので問題ないというわけではありませんが、相手とはトラブルにならないしそのままいつの間にか忘れて終わりでした。自分の良い部分しか見ないようにしていたというのは気づきがありました。ちょっとした相手を悪く思う気持ち、相手より優越感を持った気持ちそういういろんな感情が今まで全くないわけではない。完璧な自分ではなかった。でもそういう自分も認めてみる。と考えてみた時に、相手をそこまで否定できるのか。許せない思い出もありましたが、少し許すことができたり、許すことはできないものも怒りレベルは少し下がり、心が楽になりました。

 

完璧な人間なんてこの世にいないってわかっていても、相手を悪く思ってはならないという気持ちや、周りの人にちょっと言われただけで傷付いたりということは、完璧を目指そうとしていた自分もあったのかも知れません。心屋さんは最後の方で正しいか正しくないかより自分が成長できるかで物事を選択するということも書かれています。もっと良くなりたい成長したいという気持ちは間違っていなかったと思えましたが、自分の悪い心を自分で許していなかったことは気づけたので、自分の良いことだけでなく悪いことも気付くようにしていこうと思いました。相手を悪く思ってしまう自分を認めてみると、相手への許容範囲も広がっていくのだと思います。

 

ほんの1部しか書いていませんが、心屋さんのこの本には他にも人間関係の悩み解決法がたくさん書かれています。

とてもためになりました。

Sponsored Link



-自己啓発

Copyright© くまchance , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.