ニュース ライフスタイル 国内

人事評価を取り入れた「トヨタ」冬のボーナス最大1.5倍の増額へ

更新日:

 

トヨタがボーナスに人事評価を取り入れる

 

 

トヨタが2019年冬のボーナスから人事評価を取り入れ、優秀な社員には増額する方針であることがわかりました。

人事評価については0、1、2、3の4種類に分けられ、3の評価の社員には最大の1.5倍のボーナスになります。

給料の形態は様々ですが、月給に差をつけるというのも一つの方法ですが、結果を出した人にはボーナスでプラスされるというのは社員にとってはやる気が出ますね。自分がもしトヨタ社員だったらすごく嬉しいですし、頑張りたいなという気持ちになります。いくら頑張っても給料は同じというのは今まで常識ではありましたが、頑張っても頑張らなくても同じ評価というよりは、プラスになるのはモチベーションにも繋がりますし、実績を認めてもらったという気持ちにもなれるしとても良いことだと思います。

人事評価は正社員に限らず、アルバイトなど、色んな職種で取り入れられたらいいのになと個人的には思います。経営者と社員ではどうしても考え方が違い、社員にとっては淡々と仕事をこなすのはもちろん、できれば評価されたい、でも無理しすぎないようにしたい、しかし仕事は結果が全てというのもあるので、社員にとっては報酬があったほうがやる気が出るのは当然のことです。経営者としては人事評価をすることでさらに社員の仕事の仕方をしっかり把握することができますし良いことしかないと思います。

 

Sponsored Link

 

公務員も人事評価が取り入れられているというのを聞いたことがあります。本来、公務員は人事評価関係なく、市民、国民がよりよい生活ができるようになるよう働くという気持ちであるべきだと思っています。しかし、努力している人もいれば様々です。テレビで国会議員さんが議会中居眠りをしているのを見ることもあります。お金が全てではないという考え方もありますが、個人的には報酬に反映させるのはとても良いことだと思います。報酬は感謝の意ともとれますので、やりがいにつながります。国民としても頑張っている公務員には税金を払うのは全く問題ないのです。どんどん取り入れてほしいなと思っています。

トヨタは、「人一倍頑張っている人の頑張りを、さらに引き出すため」としています。

トヨタのような大企業が率先して取り入れてもらえるのであれば、今後人一倍頑張ってきた人たちがさらに評価されやすい時代に変わっていくと良いですね。

働き方改革で人件費が大変という記事も見て、今日本の企業は大変な状況なのかなと思っていた中、別の角度からのニュースを見て嬉しくなりました。

Sponsored Link



-ニュース, ライフスタイル, 国内

Copyright© くまchance , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.