美容・健康

もやしの栄養価について調べてみた。絶品おすすめレシピもご紹介。

投稿日:

 

もやしは食べやすいしお財布に優しいし、一体栄養はどのくらい入っているのか気になったので調べてみました。

 

もやしは栄養素があるのか

 

 

野菜を食べるメリットとして、食物繊維が豊富に摂れる、ビタミンやミネラルも摂れる、血糖値の上昇を抑え、糖質の食べ過ぎを抑えることもできるといった良い効果がたくさんあります。

栄養価の高い食材は少量でも栄養素が摂取できるのでたくさん食べると栄養バランスが偏ります。それに対して、栄養価が低めの食材はほとんどが水分であることが多く、比較的たくさん食べることができます。例えば、ビタミンAの豊富な人参やほうれん草などは栄養価が高くて毎日食べたほうが良い食材ですが、沢山食べると頭痛などの副作用が起こる場合があります。

 

若々しい美肌になれるビタミンACE食材の効果的な摂り方と注意点

 

サラダの主役となるレタスやキャベツなどは穏やかな栄養素が含まれているので比較的多めに食べても問題ありません。なので料理のカサ増しができてカロリーを抑えることができるといったメリットもあります。もやしも同じように該当します。栄養価の高い低いに限らず、どんな食材も役目があるんですね。

もやしにも栄養素は含まれており、しっかり量を食べることができる野菜と考えれば良いと思います。

 

栄養素を比較してみた

 

もやしの栄養素についてまとめたいと思います。

もやしは通常のもやしと大豆もやしの2種類、そして水分量の多いキャベツとレタスも一緒に比較してみたいと思います。

栄養素に関しては全てではなく、ビタミン、ミネラル、食物繊維など気になった栄養素をピックアップしました。

 

 

(100gあたりの含有量:日本食品標準成分表2015年度(七訂)から出典)

 

●もやしの栄養素

カリウム:43mg、カルシウム:14mg、マグネシウム:13mg、亜鉛:0.4mg、ビタミンK:47μg、葉酸:56μg、ビオチン:4.4μg、食物繊維:1.4g、たんぱく質:1.6g

 

●大豆もやしの栄養素

カリウム:160mg、カルシウム:23mg、マグネシウム:23mg、亜鉛:0.3mg、ビタミンK:57μg、葉酸:85μg、ビオチン:0.36μg、食物繊維:2.3g、たんぱく質:3.7g

 

●キャベツの栄養素

カリウム:200mg、カルシウム:43mg、マグネシウム:14mg、亜鉛:0.2mg、ビタミンK:78μg、葉酸:78μg、ビオチン:1.6μg、食物繊維:1.8g、たんぱく質:1.3g

 

●レタスの栄養素

カリウム:200mg、カルシウム:19mg、マグネシウム:8mg、亜鉛:0.2mg、ビタミンK:29μg、葉酸:73μg、ビオチン:1.2μg、食物繊維:1.1g、たんぱく質:0.6g

 

Sponsored Link

 

比較してみると、もやしの栄養素は引けを取らず含まれているのがわかります。カリウムなどは低めですが、他は同等か多いものもあります。意外と差が無いなというのが感想です。

ビオチンについてはもやしが一番含有率が高いです。ビオチンは脂質、糖質、たんぱく質の代謝に関わる水溶性ビタミンで、皮膚の機能を保持する役目もあります。また、大豆もやしはカリウムが豊富に含まれている他、タンパク質が他の野菜より摂取することができるので栄養価が高いです。

もやしのお値段を考えると、カリウムや食物繊維など摂ることができるし、健康を保つ食材の一つと言えるでしょう。

 

もやしおすすめレシピ

 

簡単すぎますが簡単で美味しいレシピをご紹介したいと思います。

 

1.もやしの黒胡椒炒め

 

オリーブオイルにニンニクを入れて火にかけ、もやしを炒めます。最後に塩と黒胡椒をふって味を整えます。ここに唐辛子を少々入れるとペペロンチーノ風になります。

 

2.もやしと豚肉炒め

 

オリーブオイルでもやしを炒めます。次に豚肉(又は牛肉かラム肉)を炒めます。焼肉のタレかジンギスカンのタレを用意して出来上がり。

 

本当に簡単すぎて申し訳ありませんが、うちでは美味しくて何度もリピートしています。

どちらも10分以内で完成してしまいますがおすすめです。

 

 

Sponsored Link



-美容・健康

Copyright© くまchance , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.