ニュース 国内

2019改正動物愛護法が成立、犬や猫のマイクロチップ義務化や販売規制など改正点の理由とは

更新日:

 

1999年に制定された動物愛護法、今回3度目の改正動物愛護法が成立しました。動物達を守るために改正法ができたのは嬉しいですね。

改正点についてまとめたいと思います。

 

1. 6月12日改正動物愛護法が成立

 

 

6月12日に参議院本会議より「改正動物愛護法」が成立しました。マイクロチップはブリーダーが飼い主となる人に販売される間に埋め込むことが義務付けられ、生後56日以下の犬や猫の販売を禁止することが主な内容となっています。マイクロチップの義務化については改正法の公布から3年以内に施行されます。

また、動物虐待が深刻化していることから罰則も強化され、殺傷した場合は5年以下の懲役、または500万円以下の罰金に、虐待や遺棄は1年以下の懲役に引き上げられました。

 

2. マイクロチップ義務化の理由

 

今回の改正法のメインとなる、ペットへマイクロチップの装着の義務化について、

理由としては、捨て犬や捨て猫を防ぐために役立ちます。犬や猫の飼い主の情報を記録した微小のカプセル「マイクロチップ」を体内に埋め込むことで、ペットが迷子になった時に身元がわかりますし、飼い主の責任を明確にすることで捨て犬や捨て猫を防ぐことができます。

チップ装着の費用は5000円から1万円程度が見込まれます。金額が発生することがデメリットと思うか意見はありますが、犬や猫の大切さを考えるとメリットとも言えます。
お金がかかり、さらに届け出も必要になりますので、無責任な飼い主が減るという点では効果があります。そして捨てられるペットが少なくなるので良いですね。

すでに飼われている犬や猫へのチップ装着は努力義務です。

本来はマイクロチップがあってもなくても犬や猫への愛は変わらないので、すでに飼われている方の努力義務というのは良いのではないかと思います。

3年以内の施工ということですが、ブリーダーの方は大変ですが少しでも早く施工されると良いですね。

 

 

マイクロチップを10年ほど前から実施しているペットショップもあり、法ができる前に自主的な管理をされているのは素晴らしいなと思います。

マイクロチップというのはバッテリーは不要なので体内に埋め込まれても20年ほど持つそうです。GPS機能はないのですが、もし迷子になって誰かが見つけ保護された時に、マイクロチップからの情報が役に立つというものです。GPSがあったらいいのにと思いますが、GPSはバッテリーが必要とのことで、内臓できないそうです。将来内蔵型ができるといいですね。現在では首輪にGPS機能がついたものが販売されており、そちらを使用する方も多いです。

 

Sponsored Link

 

3. 生後56日以内の犬猫の販売を禁止する「8週齢規制」の理由

 

アメリカやイギリスなどでは、ペットショップなどで生後56日未満の犬猫の販売を禁止する「8週齢規制」はすでに導入されていますが、今回の改正法で日本も8週齢規制になりました。

犬や猫は生後2ヶ月間に、家族とじゃれ合いなど触れ合うことで、群れの中での立ち振る舞い方を学びます。

早い段階で飼い主の元に行くと、成長していく段階で噛み癖などの問題行動が見られ、困った飼い主が対応できなくなり飼育放棄してしまうという可能性もあるので、それを防ぐために生後56日までの期間は販売できないというのは大切なことです。

捨て犬、捨て猫、殺処分が減ることに繋がります。

 

4. まとめ

 

 

私が小さいことは外に犬小屋があり、犬は外で飼うのが当たり前でしたが、今は犬や猫などペットは家族同然で家の中で可愛がっていて、家族として可愛がられて生活しているペット達はとても幸せだなと思います。そういった動画がたくさん投稿されているので見て癒されたりもします。

一方で、劣悪な繁殖業者、悪徳ブリーダーや虐待などが無くなった訳ではありません。殺処分も減ってはいますがまだ解決はしていません。今回の改正法で減ることを望みます。

ただ、今の法律上、動物達は「もの」と同じ扱いのままですので、罰則がまだまだ軽い気がします。殺処分がなくなる仕組みができることを望みます。

 

 

Sponsored Link



-ニュース, 国内

Copyright© くまchance , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.