ニュース 国内

老後2000万不足問題で麻生大臣が受け取りを撤回、報告書作成者が事実を語る。

更新日:

 

今、年金の不足問題が話題になっていますね。安心したいのでニュースを見ました。思ったことをまとめていきたいと思います。

 

 

 

1. 麻生大臣、報告書の撤回を発表

 

6月11日、麻生大臣が金融庁の審議会が6月3日に提出した報告書「老後30年で2000万円不足」という報告書を受け取らない意向を示しました。

「世間に著しい不安と誤解を与えており、これまでの政府の政策スタンスとも異なりますので、正式な報告書としては受け取らない」というのが理由です。

しかし、3日に発表された時はきちんとしたものを考えていかないといけないと報告書に対して肯定的でした。

確かに嬉しいと報告とは言えませんので、国民全体も身が引き締まるような気持ちになったと思います。さらに野党が夏の参議院選挙を控えているというのもあり「年金100年安心」は嘘と反論し、与党はさらに国民に不安を招いてしまうとして、6月11日、自民党の二階俊博幹事長が報告書を出したことについて金融庁に厳重抗議したことが明らかになりました。

麻生大臣は、私たちが直接やっているわけではないので直接携わった方に聞かれた方が良いと思いますと述べていました。

2000万という具体的数字が出たことで国民も不安になり、野党も批判していることから一度混乱を収めたかったのかもしれません。

国民が安心できる政治が理想なので、不安ではありますが、もし国民のために考えて決断されたのであればひとまず理解したいと思います。

 

2. 報告書の作成者の意見は?

 

ニュースで報告書を作成した側について、ニュースを見て色々わかってきました。

報告書はベテランの方々が1回に2時間かけて審議会を行い、計12回会議をしてまとめたものだということです。

そして作成に携わったうちの一人、セゾンの加藤社長がインタビューに答えていました。老後30年間で2000万不足というのはあくまで統計です。ただ、麻生大臣に撤回されたというのはとても残念に思っている、そしてこれだけ審議会を行って報告書をまとめたのに撤回され、報告書がこれからの役に立つことができないというのが勿体無いといった、残念だという気持ちを述べていました。

そうですよね。こんな国に提出するような大事な報告書を、適当に作成するわけないですよね。

 

 

ということは、2000万足りないというのはおおよそであるということはこちらも理解できますので、2000万ではないにしても、ある程度の金額が年金だけでは賄えない。そして、いまはどんどん寿命が伸びていますのでさらに老後のお金が必要にもなります。それに対して出生率が下がり、人口も減ってきている中で国民年金の仕組みは時代に応じて変えていくしかないのかもしれません。

それは今までも赤字というのは触れたくないけれど、なんとなくわかっていたことではあります。

Sponsored Link

 

年金はできれば欲しいですが、事実と向き合うことも大切だし、向き合うしかない時代とも思いました。2000万という報告書を出したのは適当なことでまとめたものではないんだというのが、作成者の意見を聞いて理解できました。

ということは、麻生大臣が報告書に対して撤回したのは、年金100年安心というものからかけ離れた報告であり、国民から批判が多かったからなのか、2000万という数値がひとまとめにくくりすぎているということなのか撤回理由からはわからないところもあったのですが、撤回しても年金だけで頼れる時代ではないという現実をみた気がします。

しかし、急に私たちにできることというのは難しいですが、小さいところから、できる範囲の貯蓄、先を見据えた計画が必要になりそうです。

 

3. まとめ

 

毎月の国民年金の支払い金額を上げるというところだけで国全体の年金を賄うには限界があります。そうなると年金を受け取る年齢をあげたり、受け取る側の基準も変えていく必要があります。受け取る側と支払う側のバランスを考えていくしかないです。この前は所得のある方の年金の減額制度が決まりました。

しかし、バランスを整えると今度、払わなかった人が得してしっかり払っているのに払った分だけ返ってくるとは限らないとかどこかで矛盾が生じないようにすることも課題になります。

すごく難しいですね。

 

 

寿命や出生率とかロボットでないし決められるものではなく時代の流れもあります。子供を育てづらい環境にはなってきていると思います。

今回の2000万不足問題でたくさんのことを考えさせられました。

 

Sponsored Link



-ニュース, 国内

Copyright© くまchance , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.