ニュース

低減税率で税込表示は統一して良い?飲食店のイートインとテイクアウトで税率はどうなるか

投稿日:

 

2019年10月1日からいよいよ消費税が10%になります。そして一部の商品に対して低減税率が同時に実施されます。

基本的に消費税10%になりますが、一部8%になります。結構複雑でしたのでまとめました。

 

1. 低減税率8%が適用されるもの

 

低減税率8%が適用されるもの

 

・お酒類や外食を除く飲食料品全て

・定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞

 

とされています。

 

 

スーパーで買う食材のほとんどは8%だということですね。これは助かります。ただし、アルコールが入っているものは10%になるので、ノンアルコールの税率は8%、本みりんはアルコールが含まれているので10%と結構ややこしいです。新聞については定期購読の場合8%ということは、コンビニなどで買う新聞は10%になるということですね。

ドラッグストアなどで買う日用品は飲食料品に含まれないものが多いので10%になります。これは残念ですが仕方ありません。

しかし、本当は消費税が全て10%になるところ、消費税は全ての人が払うものなので所得が低い方がより負担が大きくなることから、緩和するために低減税率が決まりました。

商品によっては、おもちゃ付きのお菓子のように、食品と食品以外のものどちらも含まれる商品はどうするかということですが、税抜き価格が1万円以下であって、食品を占める割合が3分の2以上であれば低減税率の対象になるので8%になります。

 

2. 飲食に関しての低減税率は?

 

 

飲食に関しての税率については、テイクアウトは8%、イートインが10%となっています。これが結構厳密でして、フードコートやカフェなどどちらかというと気軽に食べれる場所であっても席に座ることで税率10%になるということです。

これはお店の方も大変ですね。同じ商品でもイートインとテイクアウトで金額が変わってしまいますので。出前の場合は8%になるので出前専門のお店でしたらこれまで通り一律8%に統一することができます。

 

3. 飲食店の低減税率制度が実施されてからの価格表示は

 

 

低減税率制度が実施されてからの飲食店の価格表示はどのようにするべきかについては、パターンがいくつかありますが基本的には税込表示とされています。

 

1.イートイン、テイクアウトのそれぞれの税込表示

2.イートイン、テイクアウトどちらかを記載して、一方の価格は異なることを店内表示

3.イートイン、テイクアウトの金額を統一して表示

 

1.2の場合は表示する内容がかなり増えますがお客さんにとってはイートインとテイクアウトでは金額が違うということを明確に知らせることができます。あとはいかに見やすいようにまとめるかですね。お店側の方は大変だと思います。3のイートインとテイクアウトの金額の統一ということについては次の項目でまとめたいと思います。

Sponsored Link

 

4. イートインとテイクアウトの税込表示は統一して良い?

 

イートインとテイクアウトの税込表示は統一して良いのですが、注意点があります。「すべて低減税率が適用されます」「消費税は8%しか頂きません」という書き方は転嫁阻害表示に該当し、記載してはいけません。

つまり税率を10%に統一するということになります。テイクアウトだとお店側は利益になりますが、イートインだとお客様に還元する形になります。ですから税抜価格を値上げするかはお店側がこのような利益の差が出ることを想定して価格を決める必要があります。

お店側の利益に変動が出ますが、お客さん側としては価格統一で迷いがなく今まで通り見やすい表示になるので購入しやすいというのはメリットだと思います。

 

5. まとめ

 

低減税率はありがたいですが、購入するもの、組み合わせによって複雑な税になるので10月までにお店側の準備は大変かと思います。

消費者側も買うものによって8%、10%と変わりますので慣れるのに少し時間がかかりそうですね。

 

 

Sponsored Link



-ニュース

Copyright© くまchance , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.