ニュース

コンビニのお弁当・お惣菜の値下げが実施される、廃棄ロス50%削減を目標

投稿日:

 

コンビニのお弁当・お惣菜の値下げが発表、廃棄ロス対策

 

 

コンビニのお弁当・お惣菜の値下げが発表されました。

お弁当やお惣菜のたくさんの廃棄量が問題となっており、値下げをすることで回転率を上げて廃棄が改善できるとローソンの社長がこのように理由を述べていました。

ローソンでは6月11日から8月31日で愛媛、沖縄県内の全店450店舗でポイント還元という形で実証実験をする予定です。セブンイレブンは今秋には全店舗で開始すると発表されています。

コンビニのお弁当やお惣菜は消費期限の1時間前になると撤収しその後廃棄されるそうです。コンビニに限らず、廃棄についてはこれまでも問題になっていました。

そこで消費期限が近くなった商品を値引き対象にするということです。セブンイレブンも定価で購入しますがナナコにポイントが付く形になります。

Sponsored Link

 

今回の廃棄を減らすための値下げについてはとても嬉しく思いました。さらにこれまでは値下げについては各コンビニのオーナーが負担という形だったようですが、今回の値下げについては本部が負担するので各店舗はこれまで通りの売り上げになるそうです。廃棄ロス対策だけでなく、加盟店経営の改善にも繋がりますね。

これまでもコンビニはたくさん利用していましたが、値下げで廃棄が少なくなるというメリットばかりなので嬉しいです。

 

 

もう一つ問題になっていたのが、お客さんの中で、新しいものが欲しいということで後ろから商品をとる方もいて、廃棄ロスを生む原因の1つになっているというのがありました。

確かに気持ちはわかりますがみんなが後ろから取っていたら廃棄は増えてしまいますね。しかし、今回の値引き(ポイント付与)によってこの問題も改善しそうですね。

ローソンでは具体的な削減を示しており、30年度までに廃棄量を50%削減するという目標を掲げています。

今のコンビニは健康面を意識された商品もたくさんあり、保存料・添加物を抑えたもの、そして今回値引きという形であればほぼスーパーマーケットのようです。

さらに迅速な対応も求められ、求められるものが多くてコンビニってすごく大変だなと思いました。

でも、それだけ便利でいい商品も多いので、コンビニに行く回数が増えました。廃棄が半分になったら本当に嬉しいことですね。

コンビニだけでなく、すべての食品が大切に扱われ、少しでも廃棄が減って欲しいと思います。

Sponsored Link



-ニュース

Copyright© くまchance , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.