ライフスタイル

摂食障害は本当に辛い、原因と対策を理解し自分を取り戻す

更新日:

 

 

1. 摂食障害とは

 

摂食障害には過食症と拒食症があります。どちらも痩せたいという気持ちから発症することが多く、過食症は異常な量を食べてしまう、拒食症は食べたら太ってしまう恐れから食べないのでどんどん痩せてしまう。これらの行為を自己コントロールではなく、依存的、衝動的に行ってしまう場合は摂食障害と言えます。

いろんな原因があり原因がシンプルに思えることも、いろんな原因が複雑に絡み合って発症することが多いです。摂食障害は心と体が不安定な状態ですのでその状況で仕事もしながら日常を過ごしていくというのは本当に辛いです。

しかし、克服するという気持ちを持ち続けてほしいです。摂食障害になる人は頑張り屋さんが多いので、どうかまず自分を大切にしてほしいです。

 

2. 摂食障害になる原因

 

 常に考えてしまう痩せたい願望

 

思春期に発症することが多いです。痩せたいという気持ちが強くなって今の自分はだめだと自己否定になり、もっと痩せて綺麗にならなければ、そのことばかりで頭がいっぱいになってしまいます。

過食症の場合は、食べ物を食べてはいけないと考えれば考えるほどストレスになって反動となり、衝動的に食べてしまいます。そのあと、食べたことにものすごい罪悪感を覚え、なかったことにするために嘔吐してしまうこともあります。苦しくなるまで食べてしまうので嘔吐すると一瞬スッキリした感覚を覚えて癖になってしまいますが、実際は体に負担をかけてしまいます。

 

 摂食障害を発症する人は「真面目」「良い子」が多いです。

 

本当の自分の気持ちを押しころして本当の気持ちをわかろうとしない自分と理解したい自分をどこかでわかっているけれど自分を優先にしない、つまり「いい子」でいてしまうのも原因の1つです。

もともと性格、人間性もありますが、周りの環境、親の育て方によって、周りの環境、親の価値観に合わせていないと嫌な顔をされた、仲間に入れてくれなかったなどトラウマをもっていることで自分を抑えてしまったり、相手に合わせてばかりいると、自分の本当の気持ちが良くわからない状態になってしまいます。これではストレスを溜めやすくなり、自分をコントロールするのが難しくなります。そして自分に自信が持てずどこか生きづらさを感じてしまい、ストレスで発症することがあります。

ここで言う「良い子」とは周りから見ていい人、周りに良く思われる人、周りの人にとって都合の良い人を指します。自分を大事にしていない人のことです。相手を思いやる気持ちが前提にあれば、相手からの誘いを断ったり、時には拒否したり、嫌なことをされた場合は否定することも必要です。それは自分を大切にするうえで当然のことですし、コニュニケーションの一つに過ぎず、それが相手から嫌われるということにはなりません。

 

 完璧主義で極端な思考を持つ傾向の人にも発症しやすいです。

 

完璧主義だと〇〇でなければいけない、〇〇でないからあの人はだめだ、〇〇しなかった自分は最低だ等、0か100かで判断してしまうと疲れてしまいますし、ストレスになります。これは自己否定にもつながりストレスを食べ物で解消しようとしたときに発症することがあります。

 

3. 衝動的行動をコントロールするには

 

摂食障害は精神的な病気の1つです。そして精神面だけでなく、栄養バランスも崩れている状態ですので衝動的に食べてしまったり、コントロールが難しい状態であるため、心と体のバランスどちらも整えていく必要があります。

極端な考え方を見直す、人も親も完璧な人はいないです。他人と自分を比べるよりも自分や周りの人を個性で見るようにします。長所や短所は良い悪いと判断するのではなく個性であり、自分のすべてを自分で受け入れてあげましょう。

できるだけリラックスを心がけることが大切です。まず自分を大切にします。

そして栄養面はとても大切です。偏った食生活をしていると精神状態も不安定になりますので、栄養のある食事をとることが大切です。例えばタンパク質が足りなかった場合、しっかり食べるようにすることで、気分が落ち着いてくることがあります。

摂食障害は、頭の中は痩せたい、食べてはいけないでいっぱいになってしまいます。「痩せたい」「食べてはいけない」ばかり考えているということは、食べもののことに執着していることと同じとも言えます。そして食べ物のことから頭が離れなくなってしまいます。

食べたいという気持ちと食べてはいけないという気持ちがぶつかりあって、食べたいという気持ちは罪悪感さえ感じてしまったり、とても辛いと思います。人は食べていかないと生きていけないので、食べることは悪いことではありません。

食べたいという感覚は本能ですので否定せず、無理しない範囲でまず自分の好きなこと、趣味など没頭できることをしてみるのが良いです。

 

Sponsored Link

 

4. 具体的にどうしたらいいか

 

 運動をする

 

やりたいことがないという人は例えばジムに通うなど、少し忙しくすることも一つの対処法です。今はゆっくりする時間だと決めて休憩をするのであれば良いのですが、時間に流されるような暇という感覚の場合、人は考え事をしてしまうことがあります。運動はストレス発散、食欲を防ぐ、デトックス効果、精神的安定などいいことばかりなのでおすすめです。運動が苦手な方はストレッチや人気のゼロトレがおすすめです。

※ 参考リンク → 「ゼロトレ」で確実にウエストが引き締まる方法 (食欲を抑えるのにも効果的です。)

 

 呼吸を意識する

 

呼吸法は効果があります。スローブレスはおすすめです。衝動的な行為が多い人は呼吸が浅いです。常にリラックスできていない状態なので呼吸を整えることは酸素を体に巡らせることができ、リラックス状態を保てるので、食べたい!となったときは呼吸を整えるということを意識してみると良いです。

スローブレスは効率良いダイエット法です。ウエスト痩せに効く!

 

 姿勢を良くする

 

姿勢を良くすることも効果があります。姿勢を良くして呼吸を整えると食欲を抑えることができますし、自分に自信を持てるようになります。気持ちはだめだったとしても形から入ることで気持ちも徐々に変わっていくことができます。心と体は別のようでとても関連していて、心を鍛えることで体も健康になり、体を鍛えることで心も強くなります。

自信がないと猫背になったり姿勢が悪くなる傾向があります。私は学生の頃自信が持てず姿勢が悪かったので、姿勢を正しくしようとしたときに腹筋に力が入らないことに気づきました。姿勢を維持するのにいろんな筋肉が必要になりますし、姿勢を良くするだけで筋肉を鍛えることができますので体も引き締まってきますのでおすすめです。腹筋背筋を鍛えるのに筋トレをするのも良いですね。腹筋背筋を鍛えると肩などに余計な力が入らなくなるのでリラックスして過ごすことができます。

 

 栄養バランスを考えた食事を摂る

 

栄養管理も併せて大切です。摂食障害の場合、栄養バランスが崩れている状態といえます。特に、甘いものを過食にしている場合はビタミンなど大量消費してしまうので、栄養バランスを考えた食生活をすることで心も安定し、改善することが多いです。

甘いものを摂りすぎている方は低血糖の場合が高いですので辛い場合は病院にいくこともおすすめします。

 

甘いものに依存している人は低血糖症の可能性、3つの対処法とは

 

衝動的な癖がついてしまっていると、そこから克服するのには時間がかかります。過食が起こった場合も自分を責めず、今は自分にとって必要なんだと受け入れてあげることも大切です。

痩せたいという気持ちが強くなってしまいますが、痩せることより健康的でいることが結果的に綺麗でいられます。健康を意識すると血行が良くなり肌艶も良くなります。新陳代謝もよくなるので結果的にダイエットにもつながります。痩せるに執着してしまう場合は健康を意識してみると良いです。

どうしても過食が止まらない場合は血糖値を少しでも安定させる為に、先にサラダやタンパク質が含まれた食事をしてから食後に過食をするほうが血糖値の急激をゆるやかすることができ、徐々に精神も安定し過食を抑えることができます。体の細胞や無意識な行動を帰るのに時間はかかりますが、徐々に変わっていきますので、すぐに諦めるのではなく、続けていくことが大切です。

そうは言っても、なかなかやめられないという場合、例えばお菓子をたくさん過食してしまった時は、緑茶を飲んで血糖値を下げて気持ちを落ち着かせるのも良いでしょう。甘いものが好きで食べることに罪悪感がある人は、甘いものを食べてはいけないと思うほど食べたくなってしまうので甘いものを食べるのは悪いことではないと考えるようにします。一切食べないと決めて無理なくやめられたら一番いいのですが、反動で過食になってしまうのが一番体に負担がかかってしまうので、少しずつでも血糖値を意識して甘いものをコントロールできるようにしていくと良いです。それには血糖値を下げる飲み物と一緒にお菓子を食べるようにしたり、日々のバランスのとれた食事が大切です。

甘いものをやめなくても痩せて綺麗でいられることは可能です。私は実践できていませんが、1週間に1度の甘いものを食べて良いというルールを作ってこんなに美しい人がいます。

↑とても感銘を受けました。

 

 自分が思っていることを声に出す・書く

 

摂食障害が実は過去のトラウマが原因であることも考えられます。

衝動的行動を取るときは、自分の気持ちを抑え過ぎて自分が良くわからなくなっていることが多いです。

自分はこれまで頑張ってきたこと、我慢したこと、いやだったこと、今まで溜めてたことを声に出してみることも効果があります。自分と対話すると自分のことを理解できるので良いです。声に出す環境が無ければ書き出すことも効果があります。自分を癒すことができます。これはインナーチャイルドにも関係しています。過去の満たされなかった出来事を声に出して、辛かった出来事を自分自身が受け止めてあげることで、自分の内なる子供を癒すことができます。その結果自分らしさをとり戻すことができます。

自分のことを100%わかってあげられるのは自分以外いません。自分だけは自分のことをすべて理解してあげることが大切です。それが自信につながります。もし今、摂食障害が改善しない場合であっても自分を否定せず、自分は良く頑張ったと褒めるといいと思います。

もし家族や友人に相談できるのであれば話してみるのも良いです。ありのままの自分を聞いてくれ受け入れてくれたことで安心できますし自己肯定感が高まります。自己肯定感はあくまで自分で高めるものなので、人に受け入れられたから高まるとか左右されるものではありませんが、ありのままの自分を聞いてくれる人がもしいたら、ありのままの自分でいいんだと再認識することができます。

 

5. まとめ

 

摂食障害はとても辛い病気ですが、治すことは可能です。

私は15年かかりましたが治りました。絶対にあきらめないでくださいね。

諦めないことが大切です。自分を犠牲にするのではなく、自分を大切にすることから始めてみましょう。

 

Sponsored Link



-ライフスタイル

Copyright© くまchance , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.