ニュース 海外

今、錦鯉が注目。何百匹と飼う海外社長の取材番組をみて

 

今日たまたまニュースを見ていたら、

錦鯉(ニシキゴイ)が世界で注目を浴びているというのをみました。

 

世界の富裕層の方々が自宅の水槽に

1匹何十万、何百万とする錦鯉を大切に飼っているんです。

しかも何十何百匹と飼っている方もいてすごいなあと思いました。

1匹1匹綺麗な模様をしていて、とても大きいんですよね。

大切に、立派に育てられているんだなあ。

 

 

私は一般人なので錦鯉を飼っている状況を見たことがないのですが、

テレビでみると確かに綺麗ですし、

存在感というかオーラがあって飼っている理由が少しだけ理解できました。

 

錦鯉は平均寿命が30年で、結構長いんですね。

少しでも長く生きてほしいということで

餌もプロテインが入っている餌を選んだり、こだわりがあるようです。

錦鯉も選ばれし鯉ではありますが、幸せな鯉ですね。

 

さらに、ここからびっくりしたのですが、

錦鯉専門の病院があるのです。

治療はもちろん、健康診断も行っています。

血液検査をしたり、なんとCTスキャンもやっているんです。

 

錦鯉がおとなしくCTスキャンに入っていく状況を見たときは。。。

さすがに可愛すぎて笑ってしまいました。。。

そしてレントゲンの断面の写真とか!可愛すぎました笑

 

その社長さんが知り合いの方に錦鯉を見せたいので、

池からそっと抱っこして近くで見せようとしたらものすごい暴れだして

池に戻っていったというのに。。。

CTスキャンだとなぜかおとなしい感じで入っていったんですよね。

あの姿はたまらなかったです。

 

錦鯉は本当に大切にされているということを知りました。

 

錦鯉は体長30~60センチが一般的でもっと小さくも大きくもなります。

水槽で飼う場合は、水槽の大きさに合わせて成長具合が変わるというのが不思議ですね。

小さめので種類によっては500円からのもあり、4000万円というのもあり価格の差が大きいです。

体型の美しさや模様のバランスによっても価格が変わります。

 

錦鯉の性格は人懐っこい性格で、飼い主を覚えてくれるんだそうです。

餌をあげるのに近づくと寄ってきます。

たしかに、取材されていた社長さんも池に近寄ると

たくさんの鯉がパクパクとしながら近寄ってきました。

錦鯉は群れていても仲良く共存できるので複数飼いが可能というのもいいですね。

 

綺麗な模様とゆっくり泳ぐ姿は優雅なオーラを放っていて

富の象徴といわれるのも理解できました。

今回番組をみて富裕層の方々の錦鯉に対する愛をとても感じました。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link



-ニュース, 海外

Copyright© くまchance , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.