自己啓発

人間関係の悩みは自分が後悔していない生き方をしているかで解決する。

投稿日:

 

皆さんも多くがそうだと思いますが、

悩みの多くは人間関係だと思います。

世界中の全ての人が全ての人と仲良く過ごせたら良いのに

と思うこともありましたが

全員と仲良くなることは難しいです。

 

好きな人も嫌いな人もいて、嫌いな人を好きになろうとしても無理です。

自分にネガティブな思い出ができてしまった以上なかったことにすることはできません。

許すことができるなら自分自身が楽になれますが許すことも時間がかかる場合があります。

時間が経って嫌いだった人が好きになることもありますけどね。

なので嫌いな人は現時点で嫌いである事実を受け入れます。

それで好きな人とは仲良くしたら良いし、嫌いな人は無理に接しないで距離をおけばいいと思います。

 

人間関係で気づいたことが、

自分が思っているいい部分悪い部分とか関係ないんだということです。

相手に思いやりを持って、最低限の礼儀を持って接するのは社会として常識なので

それは前提とした上での話になりますが、

自分が元気がいいときも元気が無くても、ポジティブなこと言ってもネガティブなことを言っても

好きでいてくれる人は好きでいてくれました。

それで、この人と仲良くしたいと思っていくら相手のことを思って行動しても嫌われることがありました。

なので人間関係って努力で何とかなるときもならないときもあり、自分がどうにかできるものではないです。

いいと思ってしたことが相手にとっては嫌なことに受け取っていることもあり、逆のこともあり、

ということで人間関係の問題に左右されて自己否定はしてはいけないです。

個性がみな違うので合う合わないは仕方がないので

人間関係を一生懸命努力して全員と仲良くなるというのは無理ということです。

 

仲良くなるならないは当たり前のことだと受け止めつつ、

できるだけ自分が後悔なく、こうだと思うことを自分らしくやっていけばいいんだと思います。

そしてそこで自然に出会えた人が気の合う人であればその人と仲良くするといいです。

決して無理をしてはいけないです。

無理をしないというのは、相手にてきとうな態度をとるというのではなく、

自分が無理をしない範囲で相手にできるだけフラットな気持ちで接することだと思います。

それで相手にどう思われてもそれは仕方ないです。

こちらが相手を苦手だと思っていれば、相手もそう思っているし伝わっているものです。

嫌いな人の対処法なのですが、

 

「私は、〇〇さん(嫌いな人)の存在を認めます」と心の中で連呼します。

これは、自分のためにですね。

 

嫌いな人に会ったとき、無意識に自分の心の中でどんよりした空気が流れます。

嫌いだ、会いたくない、あのとき〇〇された、〇〇言われた、、、とか

いろんな嫌な気持ちでいっぱいになります。

私は対人関係での感情コントロールが上手な方ではないので、

すごく、疲れます。なので、自分の心の中をネガティブでいっぱいにしないように

〇〇さんがこの世に生まれてきたという事実、人間みな平等の観点から、

存在自体を認めないまでの気持ちは同じ人間として裁けない、という観点から、

感情は置いておき、ただフラットな気持ちで気持ちが収まるまで心で唱えると

結構楽になれます。

好き嫌いは置いといて、自分を含めすべての人の存在を認めるという気持ち。

どんな人も完璧な人はいないし、

地球で自分ひとりだけだったら生きていけないよな、

と少し客観視できる言葉だからかもしれません。

Sponsored Link


嫌いな人、苦手な人がいると結構構えてしまうことがあり、

嫌いな人、苦手な人がいても左右されない自分が確立できれば、あまり問題視しなくなります。

構えている自分を自覚して深呼吸ですね。

 

あの人は好きだけどこの人は嫌いという考え方より

全ての人が十人十色の性格をもっていることを受け入れ

苦手な人は嫌いではなく(相性が)合わないけどこういう考え方もあるんだなと思うように接すると

拒否したくなる気持ちとか否定感が消えて気が楽になれます。

 

自分が自分のことをまず大切にして周りの人に気を配って行動していて後悔ないという生き方をしていれば

あとは、相手がどう思うかはこちらではわからないので、あとは相手にお任せになります。

まず、自分が自分に対しても周りに対しても後悔していない生き方をしていることが大切です。

 

Sponsored Link



-自己啓発

Copyright© くまchance , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.